2021年 4月 15日 (木)

ヘンリー王子、米TVに出まくり本国は大ブーイング! 王室内情暴露、ラップも披露...

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   英王室から完全離脱したヘンリー王子(36)がアメリカのテレビ番組に出まくっているという。「その撮影風景をとらえた映像を独占入手しました」とテレビプロデューサーのデーブ・スペクターがきょう3日(2021年3月)の番組で伝えた。

   ヘンリー王子の知人でもある司会者のジェームズ・ゴーデン氏がハリウッドを紹介して回るという企画で、2人は2階建てバスに乗りながらロケ撮影を行っていた。現地の報道によると、番組内でヘンリー王子は「イギリスの毒々しいメディアの注目を浴びた」と英メディアを批判したり、王室メンバーのこぼれ話やラップを披露したりするなどノリノリだった。障害物コースでゲームに挑戦する場面やメーガン妃による携帯電話での参加もあったという。

3月7日にはインタビュー番組放映。何を語るのか

   番組の動画がYouTubeにアップされると、再生回数は300万回以上にのぼり、1万件を超えるコメントが寄せられた。アメリカでの評価は「イギリスにいたときより生き生きしている」などと総じて好意的なものだが、イギリスでの評価は「空気の読めないお気楽ロイヤル」「ヘンリー王子に需要ナシ」と散々だ。

   今月7日(2021年3月)にはアメリカの大物司会者オプラ・ウィンフリー氏のインタビュー番組に夫妻で出演した様子が放映される予定で、何を語るのか注目されている。

   デーブ・スペクター「(7日の番組は)簡単に言うと、王室を離脱したことを正当化するための番組です。予告編しか出ていませんが、すでに大騒ぎになっています」

   三田寛子(女優)「この2人はすごく心臓が強いですね」

   司会の小倉智昭「王室を離れるのはいいけど、離れたところを批判したりギャグをかましたりするのは嫌だなあ」

文   キャンディ| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中