2021年 4月 15日 (木)

「モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~」モコミも心までは読めない家族の裏表が面白い!「ブラックなお兄ちゃんに笑った」「すべての元凶のお爺ちゃんが偉そうだ」「毒母卒業の富田靖子よかったね」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   小芝風花(23)主演の、ずっと引きこもりだった「物の気持ちがわかる」少女モコミが自立していく姿を描くドラマ「モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~」(テレビ朝日系)がいよいよ佳境に入ってきた。恋が芽生えると同時に、新しい仕事も順調にこなす一方、家族が抱える問題も浮上してきた。

   2月27日(2021年)放送の第6話では、家族の中で一番の「いい人」で、モコミの理解者だと思われていた兄の俊祐(工藤阿須加)の「暗黒面」が表れてきた。自分を抑えるあまり、SNSの裏アカに周りの人の罵詈雑言を書き込んでいた。ネット上では「ホッコリする」という声とともに「お兄ちゃんの遅れて出てきた反抗期」「目が離せなくなった」という称賛の声があふれている。

  • モコミの家族はみんな問題を抱えている(テレビ朝日の公式サイトより)
    モコミの家族はみんな問題を抱えている(テレビ朝日の公式サイトより)
  • モコミの家族はみんな問題を抱えている(テレビ朝日の公式サイトより)

SNSの裏アカで毒づく工藤阿須加の気持ちよくわかる

   モコミ(小芝風花)はイヤホンを拾ったことで言葉を交わすようになった青年(加藤清史郎)と再会。公園で花たちと"会話"していたと告げても、当たり前のことのように話を続ける彼に、モコミの心は安らぐ。青年が愛用する自転車に名前を付けていると知り、モコミも自分の大切な存在にトミー(ヘビのぬいぐるみ)と名付けていると打ち明ける。ミーに会わせてほしいと言われ、モコミはうれしさのあまり、仕事中もニヤけてしまう。

   職場でもうれしい出来事が起こる。花屋のリニューアル案を涼音(水沢エレナ)が提案。彼女もモコミが花の気持ちがわかることに理解を示し、店内のインテリアや仕入れる花を任せてみれば、と言ってきた。モコミの兄で店長の俊祐(工藤阿須加)はこの話を受け入れるが...。

   一方、モコミの家では父の伸寛(田辺誠一)と母の千華子(富田靖子)のケンカが続いていた。意固地になった千華子が家事を一切放棄。団らんで花屋のリニューアルのことが話題となり、伸寛や祖父の観(橋爪功)はモコミを応援。しかし、千華子は素直に祝福できず、自分の愚痴を言い出す。表向きは両親や妹に心を配る俊祐だが、心の中には怒りが渦巻いていた。俊祐はSNSの裏アカにネガティブな思いを書き込むことで、自分を抑えていた...という展開だった。

   ネット上ではこんな共感の声が起こっている。まず、お母さんに同情の声が多かった。

   「お母さん。確かに支配的でやりすぎのところがある。モコミが初めてのお花を褒められたのに勘違いしちゃだめよ、っていうのはひどいし、毒親と言われても仕方ない。でも子育て中の私はこのお母さんの気持ち、わかるよ。小さいときに周りと違う言動をして疎まれる娘を守ろうとして、やりすぎてしまったのだと思う。子育てって本当に難しい。でも、お母さんの凄いところは自分の非を認めて娘に謝れる素直な心。モコミに謝るシーンで思わず泣いてしまった」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中