2021年 4月 20日 (火)

作品を選んで出る『3分男』の上川隆也、出演作に駄作はない?
<遺留捜査 第7回>(テレビ朝日系)

   長年続いている「3分だけ下さい」男の糸村聡(上川隆也)。今回のシリーズも視聴率はいい。思うに、上川隆也の無口で誠実そうな風貌にホッとするからではないか。それと、人気の秘密はアップ・トゥ・デイトな話題を上手く盛り込んでいること。『アポ電強盗』がこの回のテーマ。最初にリサーチ隊が動き、お年寄りの1人暮らしと見るや、次には運送屋などに化けた突撃隊が押し入る。
   最初に殺人がある。暴力団幹部の金子という男だったが、実は金子は組織を内定する京都府警の捜査官・宮田だった。彼が組織のボスの中山という人物を突き止めたがために殺されたということがわかってくる。それとは別に、糸村がこだわるのは、何の変哲もない2つに割れた石ころの意味。赤ちゃんのお食い初めに使われる石だ。
   筋書きはここまで。アポ電強盗の一味にされかけた18歳の素直な青年、掛川が重要な役回りをする。糸村におごられて、何日も食べてなかった掛川は、バイト先で一緒だったおばあさんの節子(根岸季衣)が「自分の人生の先生だ」と心酔していると打ち明ける。天涯孤独な辛い育ちの掛川の素直さに感心する糸村。
   警察ものは山ほどあるが、作品を選んで出演している上川には、視聴者側からの「駄作はないだろう」という妙な信頼がある。高齢者が見る夜8時という放映時間もプラスしていると思う。『相棒』並に成長するかな。女2人(戸田恵子と栗山千明)はどうでもいいが。(放送2021年2月25日20時~)

(黄蘭)

採点:1
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中