2021年 8月 6日 (金)

「うちの娘は彼氏ができない」トヨエツ登場でラストが楽しみの声!「光が空の匂いをかぐシーンに胸キュン」「これは『鈴と碧』の友情物語」「うちの娘は彼氏が多すぎ!でしょ」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   菅野美穂と浜辺美波がW主演の「うちの娘は彼氏ができない」(日本テレビ系)第9話が3月10日放送されたが、光(岡田健史)が空(浜辺美波)の匂いを嗅ぐシーンに「可愛すぎる!やっぱり見目麗しい若い2人だと盛り上がる」と称賛の声にあふれた。

   また、当初は「発想が古すぎる」などの批判もあったが、ここにきて「北川ワールド全開で素晴らしい」「トヨエツの登場でがぜん面白くなった」という声も多くなっている。

  • 実の親子のようにあるく3人(日本テレビの公式サイトより)
    実の親子のようにあるく3人(日本テレビの公式サイトより)
  • 実の親子のようにあるく3人(日本テレビの公式サイトより)

トヨエツ登場でどんどん良くなっていく

   物語は、碧(あおい・菅野美穂)に書き置きを残し、空(そら・浜辺美波)が風雅(ふうが・豊川悦司)と姿を消して4日。おだやを訪れた碧は、ゴンちゃん(沢村一樹)と俊一郎(中村雅俊)との前で取り乱すが、そこに空がケロッと帰ってくる!風雅と一緒に沖縄旅行に行っていたという空は、なぜかすずらん町まで風雅を連れ帰った。持ち前の人たらしぶりを発揮してすっかり地域に馴染んでいく風雅。その"生きていく力"に興味を持つ空に、碧は少し面白くない気持ちを抱くが......。

   数日後、碧は空と風雅と共に鈴(矢田亜希子)の墓参りへ。風雅に微妙な気持ちを抱く碧だが、空が潤滑油となって親子のように歩く3人。偶然その様子を見たゴンちゃんは、初めて見る風雅の姿に心穏やかでない様子。一方、空の中では、何でも話すことができるようになった光(ひかる・岡田健史)に対し、新たな感情が芽生え始めていた。母娘それぞれの恋は最終回に向かってどんな展開になるのか...。

   ネット上ではこんな声があふれている。まず、脚本の北川悦吏子もドラマ同様エゴサーチをして、セリフ回しが良くなったと指摘する声が多い。

   「脚本家さんのエゴサーチのおかげか、最後の最後でセリフ回しが普通になって本当によかった。 親子の会話がもうゾワッとするほど気持ち悪かったので。 役者さんだって、あんなセリフ回ししゃべりにくかったでしょうね。女子大生のかーちゃんとーちゃん呼びも最高に聞き苦しいけど...。トヨエツが幽霊としゃべり始めたのは本当に笑いました。令和の時代にまさか幽霊がことの次第を話し出す脚本とは驚き。誰も止める人いなかったの?」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中