2021年 8月 6日 (金)

PTA「くじ引きの役員決め」やめてみたら...PTA改革に取り組む小学校を紹介 「押しつけはやめよう」と参加自由のボランティアに

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   きょう15日(2021年3月)のあさイチは「PTA」特集だった。

   新学期のスタートが近付いてきているが、この時期子供がいる家庭を悩ませるPTA。春は役員決めの季節でもあるのだ。

   できればやりたくない...と思っている人が多いだろうが、コロナ禍の今、PTAも変わりつつある。

   古野晶子アナウンサー「実はこの役員決め自体をやめちゃったというPTAがあるんです」

強制されないほうがかえって「私、行けるかな」と参加しやすくなる

   さいたま市の大谷場東小学校のPTAは、春の役員決めをなくした。

   PTA会長を務める福戸美帆さん「くじ引きは自分の中ですごく抵抗がありました。『ああ引いちゃった』と思った方が多分ほとんどだった。ため息が聞こえてくるので辛いものがありますよね」

   みんながやりたくない仕事を誰かに押し付けるのをやめようと、福戸さんたちが決行したのが「PTAのダイエット」。ベルマークの仕分けなどをする文化委員会、来年度の委員を選ぶ選考委員会、広報誌づくりをする広報委員会の3つを廃止し、ベルマークの仕分けや広報誌づくりは参加自由のボランティアが行うことにした。

   福戸さん「ボランティアで残せるのであれば、やりたい人がやれる時に集まってできる範囲内のことをやればいい。集まらなかったらやらなければいいし、もう少しゆるく考えようと」

   古野アナ「PTAに詳しいフリーライターの大塚玲子さんによると、『つど募集』という考え方なんです。集まった人だけでできることをしていこうということで、それぞれの仕事で委員を決めていると、自分の仕事以外だからできないという時があるんですけど、つど募集だと『この時間に皆さん集まれればやりますよ』といって、『じゃあ私行けるかな』と参加しやすくなるということです」

文   ピコ花子
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中