2021年 4月 23日 (金)

太田が尾身会長を直撃、コロナ体験者の話...興味深い企画もあったが、詰め込み過ぎた感あり
<ニュースのギモンを深ぼり 芸人記者ニュースマン>(フジテレビ系)

   コロナ禍の裏で世間をにぎわせたニュースのギモンを、芸人記者"ニュースマン"が体を張って徹底的に深ぼり取材する番組で、爆笑問題・太田光とメイプル超合金カズレーザーがMCをつとめる。

   最初のネタは、「急増するホテルに住まう人 その理由を深堀りせよ!」。帝国ホテルがアパートメント事業を開始、月額36万円だが予約はすぐに埋まったという。そこで、家賃5万円のアパートに住む錦鯉がホテルに住む人たちをリモート取材するものだ。

   今年1月から赤坂のホテルに住む25歳の男性の場合。月9万円で広さ13㎡ユニットバストイレ付きの部屋に住み、「とても快適で。もはや賃貸生活には戻りたくない」と。「敷金礼金更新料が要らない。

   日常の家事全般から解放される。部屋の掃除、ベッドメイキング、タオルも毎日変えてくれ、自分でやる雑務は週に1回の洗濯のみ」云々。

   注目は、太田が新型コロナウイルス感染症対策分科会尾身茂会長に直撃する企画。尾身会長に「船頭多過ぎ、政府と医師会、事前に話し合って意見をまとめるべきでは」と進言する太田はあいかわらず舌鋒鋭く、尾身会長も本音を漏らす場面も......。ほかに「新型コロナウイルス経験芸能人11人がレア体験を語る」や「交付金が正しく使われているか使い道を調査せよ」など興味深い企画もあったが、あれこれ詰め込み過ぎた結果、時間切れで中途半端な感は否めず。コロナ体験者の話はもっと聞きたかった。これはレギュラー化を希望!(放送2021年3月14日20時~)

(白蘭)

採点:1.5
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中