2021年 9月 19日 (日)

「天国と地獄」感動のゴール!彩子と日高の究極の愛に胸キュン「最後にまた入れ替わったのはお母さんの願い」「陸の切ない愛が男らしい」...でも「多くの謎を残して肩透かしだ」の声も

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   綾瀬はるかと高橋一生がW主演のドラマ「天国と地獄~サイコな2人~」(TBS系)の最終回が3月21日に放送され、日高(高橋一生)の無実を証明しようと奔走する彩子(綾瀬はるか)と、彩子をかばおうとする日高の姿が描かれると、ネット上には「究極の間」「涙腺崩壊」といった反響が巻き起こった。

   一方で、どんでん返しを期待したファンの間では「謎が回収されていない」「肩透かしだ」という声も交錯した。

   連続猟奇殺人事件の実行犯・東朔也(迫田孝也)が死んだあと、弟の日高は逮捕される。日高は一連の事件は自分1人の犯行であると主張する。彩子は、日高が自分をかばうために兄の罪をかぶり捜査を終結させようとしていると察知し、東が主犯であることを裏付ける証拠を得るために奔走する。東の亡骸の側に落ちていたSDカードを手に入れていた陸(柄本佑)は、鹿児島県警を通じて彩子にSDカードのデータをメールで送付する。

  • 日高に「真実を話して」と訴える彩子(TBSの公式サイトより)
    日高に「真実を話して」と訴える彩子(TBSの公式サイトより)
  • 日高に「真実を話して」と訴える彩子(TBSの公式サイトより)

「字幕で見ると、最後に2人は確かに入れ替わっています」

   決定的な証拠を手にした彩子は息せき切って取調室へ乱入、日高に「お待たせ!」と笑顔で声をかける。データには東が「俺は最後にこの世の掃除をしていきたい」「3人は最悪のゴミ。だから俺が殺した」と犯行を自供した動画が入っていた。殺人容疑が晴れた日高は軽い刑で服役後、歩道橋の上で彩子と会う。満月の夜だった。日高は彩子に犯行に使われた「奄美の石」を渡す。「母が。あなたに真実を暴いてほしいから入れ替わりをさせたのかもしれません」。そういって別れの時にすれ違った2人。紙袋の中の石が光った。「今、どこにお勤めですか?」。どちらが声を出したのか? また入れ替わったのか、と思わせるラストだった。

   ネット上では賛否両論の声があふれているが、称賛の声が非常に多い。まず、最後に入れ替わったかどうかだが、入れ替わった「証拠」をあげる人が多かった。

   「ラストは入れ替わっていますね。字幕で見ていましたが、(日高の声で)(彩子の声で)と注釈が入っていました。 流れ的にも、2人に離れてほしくない石(日高母親)の願いで入れ替わったのでしょう」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中