2021年 4月 23日 (金)

昨今の俳優たちとは一線を画す伊原剛志、トガったモノ言いが気持ちよかった
<アウト×デラックス>(フジテレビ系)

   この日のゲストは俳優・伊原剛志。名前を聞いてマツコは「イケる」とニンマリ。昔からお気に入りだったようでいつになく上機嫌だ。腰が痛いとか自分の重みで肘を痛めたなどと不調を訴えることの多かったマツコに番組からのちょっとしたご褒美といった回だった。
   そんな伊原、かなりの「アウト」な人物で、6つのNGがあると紹介。なかでも面白かったのが、「シリーズものドラマNG」「通販番組NG」「2世タレントNG」というもので「NHKの大河やシリーズもの長丁場になる仕事は基本NG、早く死ぬ役だったら引き受ける」とか。2世タレントについても「いい人もいるけど、それをウリにした人は好きじゃない」「政治家の2世は全員嫌い」と言いたい放題。
   特に「通販番組」については、「これは絶対やらない。役者は顔に出る。通販番組ってほぼお金のためでしょ」「これ、素晴らしいですね~って、ぜんぜん思ってもないのに...。顔に出てるじゃないですか。アレってお金のためだけでしょ」とニベもない。
   「役者の友達はほぼいない。ひとつの役を取り合うのになんで友達なれるのん?」などとも言い、昨今の仲良しアピールの俳優たちとは一線を画す、トガったモノ言いが気持ちよかった。
   さすが、目利きのマツコが惚れ込んだ俳優はひと違う。最後に映画の宣伝をしていたのは......仕方がないか。それよりも、次回の特番予告の「華原朋美降臨!」が、闇が深そうで心配になるレベル。(放送2021年3月18日23時~)

(白蘭)

採点:0.5
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中