2021年 8月 6日 (金)

エンジェルス・大谷翔平選手は二刀流を確立した! けさも1回の第1打席、初球を先制ホームラン

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   エンジェルスの大谷翔平選手が絶好調だ。日本時間のけさ(2021年3月26日)行われたロッキーズとのオープン戦では1回の第1打席、初球をレフトポール際に先制ホームランした。「すごいですねえ」と司会の羽鳥慎一も舌を巻いた。

   これまでのオープン戦でも、大谷はバックスクリーン越え141メートルの特大ホームランを放ち、1番ピッチャーで先発出場した21日のパドレス戦では2打数2安打、投手としても自己最速の164キロをマークした。

28ホーマー、11勝4敗という予想も

   メジャー2球団でGMを務めたジム・ボウデン氏は、大谷の今シーズンを打者としては2割9分、28ホーマー、118打点、投手としては11勝4敗、防御率3・41と予想し「ベーブルース以来最高の二刀流選手の地位を確立するだろう」という。チームは登板日にも打者としても起用することを検討する。

   長嶋一茂(スポーツキャスター)「(去年)肘の手術後ですよ。不安をかかえる場合もあるが、大谷はボールがうなっちゃっている、本当に。リハビリ中に体幹を鍛え、アウターマッスルも備わって、体作りができた。不安がないと、ボールに集中できる。本当に、野球の神童です」

   吉永みち子(エッセイスト)「体も大きくなった。たくましい」

   羽鳥「ちょっと楽しみです」

文   あっちゃん| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中