2021年 5月 10日 (月)

「グッとラック!」最終回はギャグと自虐ネタで締める「千秋楽」に

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   「グッとラック!」はきょう26日(2021年3月)で番組終了ということで、こんなやりとりで始まった。

   進行役の国山ハランが「志らくさん、ついにこの日が来てしまいました」と振ると、キャスターの立川志らくは「最終回ですから、私はスタジオで死んでやろうと思って」とギャグをかます。「スタジオで死ぬつもり」は、やはりきょうで番組を終了するライバルのフジテレビ系「とくダネ」司会・小倉智昭のコメントのもじりで、あらためて「最終回というより、千秋楽でございます」と落語家らしく言い直した。そういえば、きょうの志らくは黒紋付の正装だ。

   メインコメンテーターの田村淳は「泣くなよ!」と声がかかると、「ぼくは、感極まってないから」

   その後も、きのう25日に福島をスタートした聖火リレーの話題になると、志らくは「聖火に火がともっていいな。こっちの番組は火が消えんのにね」とくすぐりを挟む。金曜レギュラーの上地雄輔(タレント)が「自虐みたいになってる!」

泣きシーンはキャスターの若林有子アナ

   アン ミカ(タレント)、髙橋知典(弁護士)、お天気キャスターの根本美緒(気象予報士)らレギュラー陣があいさつしたあと、お約束の泣きシーンはキャスターの若林有子アナ。「『1日3回までにしなさい、噛むのは』と、志らくさんからやさしく言われました。忘れられない1年半でした」と声を詰まらせた。

   最後に志らく。「あと半年、1年やったら、違う番組になっていたんじゃないかという悔しさはあります。来週からは『ラヴィット!』になります。みなさんぜひご覧ください。私は見ませんけどね」と、しっかり下げた。

文   カズキ| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中