2021年 5月 9日 (日)

「チェリまほ」で儲けられるうちは儲けようという商魂が透けて見える
<『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』ダイジェスト&スピンオフチラ見せSP>(テレビ東京)

   昨年放送され、大きな話題を集めたドラマ「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」(通称:チェリまほ)の特番らしきものが深夜に放送していた。ダイジェストのほうは、安達(赤楚衛二)と黒沢(町田啓太)の物語を中心に、胸キュンシーンをギュッと集めた内容で、それだけ見てもちゃんとドラマのいいところが伝わるもので、制作者たちの深い「チェリまほ愛」を感じた。

   このドラマはいわゆるBL(ボーイズラブ)と言われるジャンルだが、それにとどまることなく、普遍的な恋愛、人を思いやる気持ちなど、心の機微を描いていたところが、多くの視聴者に愛された所以だと思われる。今回のダイジェストでももう1組のカップル柘植(浅香航大)&湊(ゆうたろう)の場面で、柘植が湊に「本気の奴をバカにする奴はどこにでもいる。夢を持たぬものは、夢に破れたものは、そうなりがちだ。バカにしていたほうが楽だし、傷つかないから。けど、俺はお前を絶対にバカにしない。笑わない。だから自分を信じろ」と励ます場面など名台詞も満載だった。

   とはいえ、番組は「TSUYAYAプレミアム/TSUTAYA TV独占配信中!」とスピンオフをチラ見せし、「原作は累計100万部を超えた超人気コミック。4月22日には新刊の7巻が発売。こちらも是非お楽しみ~」などとおしらせだらけ。「チェリまほ」で儲けられるうちは儲けようというのが透けて見えるのはいかがなものか。(放送2021年3月26日1時~)

(白蘭)

採点:0
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中