2021年 7月 30日 (金)

「モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~」ハッピーエンドに感動と疑問の声「モコミ、樹木医頑張って」「母親をディスりすぎ」「不倫した祖父がお咎めもなく一家に君臨する家父長制ドラマ」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   小芝風花主演のテレビ朝日系ドラマ「モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~」の最終回が4月3日(2021年)に放送され、ハッピーエンドの大団円を迎えた。モコミのモノや植物と話せる能力が復活、「樹木医になる」という目標が見つかり、ネット上では「よかった、よかった」「ホッコリする」「私も育てる植物が増えました」という感動の声が起こっている。

   一方で、「母親をディスりすぎでしょ」「不倫したお爺さんにお咎めのない家父長制のドラマ」という批判の声もみられた。

  • モコミはモノや植物の声が聞こえるようになり、トミーと再会(テレビ朝日の公式サイトより)
    モコミはモノや植物の声が聞こえるようになり、トミーと再会(テレビ朝日の公式サイトより)
  • モコミはモノや植物の声が聞こえるようになり、トミーと再会(テレビ朝日の公式サイトより)

モノや植物と話せる能力が復活したモコミに目標が

   物語は、行方がわからなくなったぬいぐるみのトミーを捜すため、モコミ(小芝風花)は木々たちに居場所を知らないか問いかける。すると、モコミの祈りが通じたのか、再びモノたちの声が聞こえるように。木々たちに導かれ、モコミはついにトミーとの再会を果たす。

   モコミは以前より積極的に。職場に復帰し、仕事に行く前に佑矢(加藤清史郎)とジョギングを開始。そこには「樹木医を目指す」という願いが秘められていた。父の伸寛(田辺誠一)も山梨への移住に向け、不要なものを処分し始める。母の千華子(富田靖子)に東京から離れる気はなく、伸寛は1人で田舎暮らしを始める準備を進める。

   そんな中、千華子は少しずつ父・観(橋爪功)との関係を改善していく。娘に優しくされた観はなぜ音信不通だった千華子たちの前に現れたのか、真相を明かす。一方、モコミや伸寛の前向きな姿に感化された兄の俊祐(工藤阿須加)も自分の本当の夢と向き合い始める。モコミたち一家全員が大きく変わっていくラストだった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中