2021年 7月 29日 (木)

<おちょやん>(第88話・4月7日放送)
大規模な空襲が続く大阪。夜中に家を出て行く千代の後を一平がつけると、千代は猫を相手にひとり芝居の稽古をしていた

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   昭和20年7月、大空襲以降も大阪には大規模な空襲がやってきていた。そんな中、最近の千代(杉咲花)の様子がおかしいことに気が付く一平(成田凌)と幼馴染みの富川みつえ(東野絢香)。

   千代は夜中に家に居ないことがあり、昼間にうたた寝をすることも。その態度からみつえは、千代が誰かと密会していると疑う。

   ある夜、こそこそ出て行く千代。一平が後をつけると...。

   千代は、稽古の焼け跡で猫を芝居の相手として小さな声でひとり芝居をしていた。

一平も朝まで付き合いセリフの練習をした

   一平「こないな時に、猫相手にそないなちっちゃな声で芝居して、何が楽しいねん」

   千代「楽しいはずあれへんやろ」

   千代は、このまま芝居できなくなることを不安に思っていた。

   千代「芝居でお客さんを励ましてたつもりやったけど、励ましてもらってたのは、うちの方やった」

   好きにさせて欲しいという千代に対して、一平も朝まで付き合いセリフの練習をする。

   朝になり、千代と一平が家に帰ると、みつえが呆然としていた。

   テーブルの上には、出征した千代の幼馴染み・富川福助(井上拓哉)の死を知らせる戦死広報があった。それ以来、みつえはふさぎ込んでしまう。(NHK総合あさ8時放送)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中