2021年 10月 26日 (火)

「珈琲いかがでしょう」中村倫也の優しい笑顔に「癒やされる」「神キャスト」と絶賛の嵐!「原作の青山サンのまんま」「珈琲の良い香りがしてきそう」「ええっ、今後は過激な展開に?」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   中村倫也主演のドラマ「珈琲いかがでしょう」(テレビ東京系)第1話が4月5日(2021年)に放送されたが、もともと原作ファンの間では「ぜひ中村倫也で実写化を」という希望が高かっただけに「倫也君の笑顔に癒やされた~」「倫也さんの優しい微笑み最高!」という絶賛の嵐だった。

   原作を見たことのない視聴者からも「神キャストです」「珈琲の香りが出てくるテレビがあったらいいのに」などの反響もあった。

  • 中村倫也のエプロン姿が可愛いとの声も(テレビ東京の公式サイトより)
    中村倫也のエプロン姿が可愛いとの声も(テレビ東京の公式サイトより)
  • 中村倫也のエプロン姿が可愛いとの声も(テレビ東京の公式サイトより)

「神キャストです。中村倫也の最高傑作になりそう」

   「珈琲いかがでしょう」は、コナリミサトさんの同名漫画が原作。主人公の青山一(中村倫也)が、心を込めて入れたコーヒーとさりげない言葉で、人生に傷ついた人たちの心を癒やしていく物語だ。

   初回は2つのエピソード。1つ目の「人情珈琲」は、誠実・丁寧をモットーに働くOLの垣根志麻(夏帆)が、不器用さゆえ効率重視の部長(井上肇)には毎日のようにパワハラを受ける。一人寂しくランチタイムを過ごしていると、どこからともなくいい匂いが漂ってくる。香りの先には、青山が営むタコマークの移動珈琲店「たこ珈琲」があった。一杯一杯丁寧に淹れる工程と、出来上がった珈琲のおいしさに感動した垣根は、自分の不器用さにしんどさを感じていることを思わず青山に打ち明ける。

   2つ目の「死にたがり珈琲」は、クレーム対応の電話オペレーターをしている早野美咲(貫地谷しほり)が、ただただ謝る毎日を送っていた。晴れた休日に洗濯物を干していると、珈琲の香りが漂ってくる。「こんな昼下がりは死にたくなる」。ベランダでそんなことを思った美咲。思わず、ガードルを落としてしまい、下に降りると、青山の「たこ珈琲」が...という物語だ。

   ネットでは称賛の声があふれている。

   「中村倫也さんが好きな役者さんなので、次回も観ようと思います。珈琲の良い香りが今にもしてきそう‥。あー、そのうち匂いまで感じられるTV出来たら楽しいのに」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中