2021年 10月 20日 (水)

だんじり入魂式に「こういうのは必要」 鈴木大地が「密」懸念論に一言

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   「1日の感染者が初めて1000人を突破した大阪。重症病床の使用率も95%を超えました。そんな中、先週末に行われただんじりの入魂式には群衆が密になって盛り上がる姿が。大阪の今を緊急取材しました」と、MCの谷原章介が伝えた。

  • 番組公式サイトより。
    番組公式サイトより。
  • 番組公式サイトより。

保健所の指導のもとマスクや飲料水を用意

   話題にのぼった「だんじり」の入魂式とは、11日(2021年4月)に大阪・岸和田市で行われた行事だ。見学者が撮影した映像には、だんじりが通る道の沿道に多くの見物客の姿が確認できる。

   感染対策はどうだったのか。主催者は保健所の指導のもと、参加者用の不織布マスク2000枚、3リットルのアルコール除菌ボトル10本、回し飲み防止のため飲料水600本を用意したという。

   しかし見物客の中には、あごマスクをするなど対策が不十分な人も。現場にいた男性は番組のビデオ電話取材に応じ、「いつうつってもおかしくないなぁと思いました。思った以上に人が多かった。もう少し人との距離は取れたんじゃないかなと思います」と話した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中