2021年 6月 20日 (日)

羽生結弦選手が「首を思いっきり」左右前後に 松岡修造が聞きだした「その行動の意味」

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   <テレビで読む スポーツ> フィギュアスケートの世界国別対抗戦が大阪市で始まりました。2021年4月15日の男子ショートプログラム(SP)では、五輪2連覇の羽生結弦選手が2位となり、同日夜のニュース番組「報道ステーション」(テレビ朝日系)などが取り上げました。

   報道ステーションでは、スポーツキャスターの松岡修造さんによる現地会場からのリポートを紹介しました。松岡さんが注目したのは、羽生選手の「試合前のルーティン」。「びっくりしました」と、その「独特の動き」の意味に迫りました。

  • 羽生結弦選手(編集部撮影)が「最近始めた」という「ルーティン」は?
    羽生結弦選手(編集部撮影)が「最近始めた」という「ルーティン」は?
  • 羽生結弦選手(編集部撮影)が「最近始めた」という「ルーティン」は?

「感動の演技の裏」の努力

   番組が流した試合前映像では、椅子に座った羽生選手が体ごと首を左右に大きく振っています。松岡さんも「思いっきり首を動かすわけですよ」と説明。羽生選手は、続いて縦(前後)にも首を振っていました。松岡さんによると「10分近く」、こうした動きを繰り返していたそうです。

   スポーツ取材歴の長い松岡さんも「こんな動き、見た事がない」という、この「試合前ルーティン」。羽生選手は、自身で考えながら作り上げている最近のルーティンだと教えてくれたそうです。

   それにしても、この動きをするのは「どうして?」。松岡さんの疑問に対し、羽生選手は、「耳石を動かしている」と言ったあと、バランス感覚を整えていると思ってもらっていい、と補足したとのこと。

   松岡さんは、羽生さんの「感動の演技の裏」に、「これだけ多くのことを考えて、時間を費やしている」という背景があったのか、と感心していました。羽生さんの「気迫」に影響を受けて居ても立ってもいられなくなったのか、「明日に向けて、私も準備をします」とカメラ位置から走り去ってしまいました。

   スタジオ陣の富川悠太キャスターは「準備には少し早すぎる気もしますが...」と感想をもらしていました。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中