2021年 5月 8日 (土)

「人を殺したことがある目」で「ニコッ」と? 中村倫也演じる「店主」の謎
「珈琲いかがでしょう」第3話(テレビ東京系 4月19日月曜放送)

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   移動珈琲屋の店主が心を込めて淹れた珈琲と、穏やかでさりげない一言が、人生に少し疲れた人の心を癒すオムニバス・ドラマだ。1話につき2編のショート・ストーリーが放送される。

   原作は「凪のお暇」などで知られるコナリミサト「珈琲いかがでしょう」(マッグガーデン刊)。2014年~2015年にかけて『WEBコミック EDEN』で連載された人気漫画だ。監督・脚本は、映画「かもめ食堂」の荻上直子が手がけた。

  • 中村倫也さん(編集部撮影)が謎の店主を演じる。
    中村倫也さん(編集部撮影)が謎の店主を演じる。
  • 中村倫也さん(編集部撮影)が謎の店主を演じる。

「周囲から慕われている」と思っていたら...

   軽トラックを改造したキッチンカーで全国津々浦々を回る移動珈琲屋「たこ珈琲」は、笑顔が素敵な店主・青山一(中村倫也)が1杯ずつゆっくりと時間をかけて丁寧に、誠実に淹れる珈琲が人気だ。心に傷を負っている客は、青山が淹れた特別な珈琲と取り留めのない会話に背中を押され、もうひと頑張りする勇気を与えられる。

   だが、この店主、善良で優しいだけの軟弱男ではない。ゴロツキ男に絡まれている女子高生を助ける際に、男が「なんだ、テメエは?」とスゴんだ瞬間、男の手首をひねり上げて「珈琲屋です」とニコッ。男は恐怖に固まってしまう。その男いわく「人を殺したことがある目をしてた」。

   青山は何やら暗い過去を持っているらしく、危険な匂いがプンプンの謎の男「ぺい」こと杉三平(磯村勇斗)に追われている。

   この日放送予定のうち、一編を紹介する。一流企業に勤める飯田正彦(戸次重幸)は、仕事をバリバリこなし、ルックスもあの『ヨン様』にも似ていると言われ、周囲から慕われている完璧なサラリーマン......のはずだった。この日は、青山の「たこ珈琲」で女子社員たちに珈琲をおごり、珈琲のうんちくを披露。女子社員たちは「飯田さん、チョー博識」「何でも知ってるんですね」と持ち上げていた。

   そんな折り、新しい企画について部下と意見が衝突した飯田は、同僚・森(小手伸也)に不満をぶつける。森はデップリとした体型で、「オレ、銭湯のコーヒー牛乳しか飲めないんだよ」と公言してはばからない見た目も性格も正反対の男だった。

   そんな矢先、飯田はひょんなことから、女子社員たちが飯田の悪口で盛り上がってるのを聞く。自分が嫌われていることを知ってショックを受けた飯田は、妻・由美(筧美和子)に「オレって、イケてないのかな?」と泣き言を言う始末だ。青山の店でも珈琲を飲みながら自分の無様さを嘆く飯田に、青山は......。

   すると、そこにぺいが接近してきた。(よる11時6分放送)

(寒山)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中