2021年 5月 7日 (金)

<おちょやん>(第97話・4月20日放送)
千代は問い詰めた すると寛治が重い口を...

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   千代(杉咲花)が劇団を辞めないように説得するが、聞く耳を持たない朝日奈灯子(小西はる)。

   その日の夜、千代と一平と家族のように暮らしている松島寛治(前田旺志郎)が、顔に痣をつくって家に帰ってくる。

   劇団員の須賀廼家千兵衛(竹本真之)と喧嘩をしたと言うが、その理由を言おうとしない。 千代は問い詰めると、寛治が重い口を開けて話し始める。

■一平の様子が何やらおかしい

   寛治「一平さんが灯子さんの家から出てきたって、2人の仲を疑うようなことを言ったんだ」

   それを聞いた千代は、そんなことはあるはずがないと笑い飛ばす。ところが一平の様子が何やらおかしい。

   すると突然、一平が土下座をし始める。

   一平「堪忍!魔が差しただけや。一番大事なのは千代なんや」

   寛治が聞いたことは事実だと認める一平。

   冷静さを失い、怒りが収まらない千代は...。(NHK総合あさ8時放送)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中