2021年 10月 23日 (土)

「日本が世界から置いて行かれる」恐怖 ワクチン遅れで菊間千乃が指摘

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   新型コロナウイルス感染症のワクチンについて、菅義偉首相は19日(2021年4月)、「接種対象となる国民全員分を9月までに供給するめどが立った」と改めて強調した。

   しかし、自民党の下村博文政調会長は、自治体によっては医療関係者が足りないため、「全員が接種を終えるには、来年春ぐらいまでかかるかもしれない」。65歳以上の高齢者は、場合によっては来年までかかるのではないか、という。

  • 緊急事態宣言への移行はどうなる?
    緊急事態宣言への移行はどうなる?
  • 緊急事態宣言への移行はどうなる?

「春までかかるとなると、冬の流行も危惧しなければ」

   これについて、20日のモーニングショーで岡田晴恵・白鷗大教授は「春までかかるとなると、冬の流行も危惧しなければならない」。政治ジャーナリストの田崎史郎氏は「ワクチンを打つ人を確保できるかどうかは大問題で、歯科医師にも打ってもらおうという動きになっているが、日本医師会は何をやっているんだろうという疑問も出てくる。町医者の方がどんどん打つならば、スムーズに行くはずなんですよ」

   コメンテーターの菊間千乃(弁護士)は、「ニューヨークは40%が1回目、30%が2回目を打っている。レストランは12時までオープン。アメリカ全体で見ても、全く制限なしの州が増えてきている。ワクチンがセットなんですよ」「日本の接種率の低さ(1%未満)を見ると、日本だけが世界から置いて行かれるんじゃないか、という恐怖すら覚える」

   コメンテーターの玉川徹「日本のワクチン接種は、3か月遅れたんですよ。この遅れがなかったら、この波(第4波)はなかったと思う。ワクチンの調達が遅れたことの意味はものすごく大きいと思う」。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中