2021年 5月 8日 (土)

最強のデッドスペース! 部屋の収納、ツボはこの場所

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   「かたづけたいけど捨てたくない」「やせたら着られるから捨てない」といったお家の悩み事の常連・物の収納問題を取り上げた。

   そうした物があふれる、お笑いタレント・ゆめっちの都内にあるワンルーム9畳の部屋を、整理収納アドバイザーの梶ヶ谷陽子さんが訪れた。ベッドの上も床の上も、服が山のように散らかる。「収納場所が物の量に対して少なすぎです」と、プロの指摘。既存の収納スペースはクローゼットと備え付けの棚、キッチン上下の棚しかなかった。

  • 散らかり問題、何とかしたい。
    散らかり問題、何とかしたい。
  • 散らかり問題、何とかしたい。

ゆめっち「これだけ入ると気持ちいい」

   収納作業開始。服、雑貨、メイク用品、食料とアイテム別に分類するのに1時間かかった。いま着る服はアルミハンガーにかけてクローゼットに。シーズンオフの洋服はポリプロピレンのボックスに入れてクローゼット上のスペースに。下スペースにも衣装ケースを置いて、余った服の置き場にした。

   それでもまだ収納しきれない服もあったが、梶ヶ谷さんは「最強のデッドスペースはベッドの下」と、引き出し式衣装ケースのサイズ違いアイテム10個を組み合わせてかたづけた。マスクや文房具は大小のボックス5個に入れて備え付け棚に。微妙なすき間が出来れば、スチール製のブックスタンドやマグネットフックを駆使し、小型鞄や袋などを収めた。キッチンでは、タオル掛けやファイルボックス用ポケットなどを活用して収納場所を確保した。

   ゆめっちは、

「これだけ入ると気持ちいい」

としきりに感心。食料は、ファイルボックスにまとめ、その下にキャスターをつけて動かせるように、上にはふたをして小机がわりに使えるようにした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中