2021年 6月 23日 (水)

<おちょやん>(第101話・4月26日放送)
千代を思い出し、うっすらと笑み 防空ごうでの思い出

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   昭和26年(1951年)、千代(杉咲花)が道頓堀からいなくなり、1年が経過した。座長の一平の色恋沙汰で、千代が失踪したと噂になり、鶴亀新喜劇もいまいちの状況だった。

   一平は、千代を捨てて灯子と新しい生活を始めていた。

■「竹井千代はどうやろ」

   その頃、NHK大阪放送局では「お父さんはお人好し」というラジオドラマの企画が進んでいた。お父さん役は人気漫才師・花車当郎(塚地武雅)となったが、脚本家の長澤誠(生瀬勝久)は、お母さん役に人気女優・箕輪悦子を起用したいと考えていた。

   すると花車が意外な人物の名をあげる。

   花車「お母さん役に、竹井千代はどうやろ」

   脚本家の長澤は、怪訝な顔をする。鶴亀新喜劇で有名となっていた千代は、今は行方不明となり、人々の記憶から忘れ去られようとしていた。

   花車は、戦時中に防空ごうで掛け合いをした千代のことを思い出して、うっすらと笑みを浮かべるのだった。(NHK総合あさ8時放送)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中