2021年 6月 18日 (金)

「酒類持ち込みお願いします」 こんな店の看板もあり物議

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

「コントロールするという考え方はないのでしょうか」

   さらに、酒を飲むために神奈川に移動する「越境都民」も多い。自由が丘から川崎市に飲みにきていた若者は「(ルールが)もっと厳しければ宅飲みとかZoom飲みとかに切り替えるけど、実際に神奈川で飲めるなら来て飲んじゃいますね」と言う。

   MC谷原は、

   「制限を加えれば加えるほど、持ち込み、路上飲み、レンタルルーム飲みなど抜け道をどんどん探していく。それならば、感染防止の環境を整えて、店でお酒を提供できるような状況を作ればいいのではないか。コントロールするという考え方はないのでしょうか」

   と問題提起。昭和大学医学部客員教授の二木芳人医師は「山梨県のように、お店の努力に行政が応じて、時短なんかも免除していくという考え方は基本的に大事です。でも、やはり飲みに行かれる方というのはコロナに対する警戒心が薄い。そういう方々に届くようなメッセージを改めてしっかり出していくということも重要です」と解説していた。

(ピノコ)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中