2021年 10月 27日 (水)

<来週のおちょやん>(第22週「うちの大切な家族だす」)
千代、絶体絶命のピンチ そして起きたコト

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   ラジオドラマ「お父さんはお人好し」は、大阪で果物屋を営む夫婦と12人の子どもたちが巻き起こすホームドラマだ。千代(杉咲花)はお母さん役で、漫才師の花車当郎(塚地武雅)とは夫婦役だ。

   千代は台本の読み合わせなど出演者との交流を経て、演じることの喜びを再び感じる。

   一方の道頓堀では、千代の出演を新聞報道で知った「岡福」の面々や鶴亀新喜劇の団員が放送開始を心待ちにしていた。みな千代が無事であることを知り、喜んでいる。

■一平はスランプに

   第1回の放送当日、千代はマイクの前に立った。生放送だった当時、道頓堀のかつての仲間たちも同時にラジオに耳を傾ける。

   千代と当郎の掛け合いは順調で、みんなが物語に引き込まれた。しかしその時、千代は2ページもセリフを飛ばしてしまう。

   絶体絶命のピンチを、千代と当郎は機転で脱した。

   結果は大好評。半年も経つと千代は道ですれ違う人たちから「千代子お母ちゃん」と声を掛けられるようになった。

   一方、道頓堀の元夫・一平(成田凌)は新作が書けないスランプに陥っていた。一平は寛治(前田旺志郎)を呼ぶと、ある依頼をした。(NHK総合あさ8時放送)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中