2021年 12月 5日 (日)

「珈琲いかがでしょう」青山とぺいの衝撃の過去が明らかに!「金髪中村倫也の暴力シーン、怖いけど色気ダダ漏れ」「いちご飴を頬張るペイが切なすぎる」「青山とぺい、2人とも幸せになってほしい」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   中村倫也(34)主演、磯村勇斗(28)共演のドラマ「珈琲いかがでしょう」(テレビ東京系)5話が5月3日(2021年)に放送され、中村倫也演じる移動珈琲店主、青山の凄まじいバイオレンスに満ちた過去と、磯村勇斗演じるぺいとの因縁が明らかになった。

   ぺいが「いちご飴」を頻繁に口にする理由と、ぺいの青山に対する一途な想いを知った視聴者から「青山がいなくて寂しかったからいちご飴を食べていたのか」「切なすぎる」という声が溢れた。また、あまりの暴力シーンの激しさに、「青山さんのイメージが壊れました。来週から見ません!」という声さえあった。

  • ついに青山を捕まえたぺいだが…(テレビ東京の公式サイトより)
    ついに青山を捕まえたぺいだが…(テレビ東京の公式サイトより)
  • ついに青山を捕まえたぺいだが…(テレビ東京の公式サイトより)

死んだ目をして人を殴る青山、迫力スゴすぎ!

   第5話の物語は――。「ほるもん珈琲」。ぺいと垣根志麻(夏帆)に見つかった青山は、仕方なく3人一緒に青山のクルマで移動する。車の中で垣根から青山の前職について聞かれたぺいは、「強いて言えば清掃業」と答える。そして血や泥にまみれながら「清掃業」をしていた当時について語り出す。

   「初恋珈琲」。ぺいは花菱(渡辺大)らから暴行を受ける。自分の真っ赤な血を見ながら、小学校時代の初恋の相手、ひとみの真っ赤なランドセルを思い出す。父親に暴力を振るわれ、人生に絶望していたぺいにとって、ひとみは天使だった。ぺいは、ひとみに手作りの珈琲ゼリーをごちそうになる。苦くて甘くて冷たくて...。それがぺいの初恋の味。一方、青山は垣根に珈琲にハマるきっかけになった、ホームレスのたこ(光石研)との出会いを打ち明ける。

   ネット上では、中村倫也のバイオレンスのスゴさに驚きの声があふれた。

   「迫力、スゴすぎでしょ!中村倫也さん(青山)と磯村さん(ペイ)のぶつかり合いって感じ。ペイは同じ世界で生きていた兄貴を追いかけていたんですね。上からの命令だが、彼自身も青山に会いたくてしょうがなかった。でも、結局青山を売ることはできず、自分がボコボコにされる。死なないでよね。渡辺大さんも結構怖く演じていたけど、怖さで言ったら中村倫也さんの目付きの方がはるかに上でした。金髪中村倫也さんの色気がダダ漏れで...」

   「たまらない。ゾクゾクが止まらない。そしてジンと沁みる。暴力シーンが好きなわけではないが、この手の役を演じる時の中村さん、磯村くんが表現するもの、垣間見せるもの、溢れさせるもの、それらの魅力に痺れる」

   「『傷だらけの天使』(1974~75年、TBS系ドラマ)を思い出した。ショーケン(萩原健一)と水谷豊。中村倫也と磯村勇斗」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中