2021年 6月 23日 (水)

NHKアナの「痔ろう手術」に密着 術後に起きた「変化」とは

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   新企画「人には言えないハナシ」で、「お尻・痔(じ)の悩み」が特集された。 3人に1人が抱えているという痔。そのうちの一つ「痔ろう」は、肛門に小さな穴が開くというものだ。男性と30~40代に多く、下痢を繰り返す人がなりやすい。自然に治ることはなく、治療には手術が必要となるという。

   あさイチリポーターの石井隆広アナウンサー(30)、矢崎智之アナウンサー(28)も痔ろう経験者だという。19日(2021年5月)の番組では、矢崎アナの手術に密着。「少しでも多くの人に痔ろうについて知ってほしいと、手術の様子を自撮りしてきました」(矢崎アナ)

  • 番組ではお尻の悩みに焦点をあてた
    番組ではお尻の悩みに焦点をあてた
  • 番組ではお尻の悩みに焦点をあてた

いぼ痔も二つも切除

   矢崎アナがお尻に違和感を覚えたのは今年2月15日。1週間後の22日には焼けるような痛みを感じ、肛門科を受診した。

   博多大吉キャスター「15日から22日の間は日に日に痛みが増していく感じなんですか」

   矢崎アナ「まさにその通りでした。座るのも辛くて。ただ仕事もあるので、平然とした顔でやっていました」

   お尻の中に膿が溜まっていることがわかり、開いて出す処置を受けた。その後痔ろうと診断され、4月末から5月頭の連休を利用して入院・手術をすることが決まったという。

   2週間の入院予定で、3日目に手術を行った。いぼ痔が二つあることもわかり、これを機にいぼ痔も切除した。

   開始から25分で無事手術は終了。その時に執刀医から「いぼ痔を取ったのでもしかすると痔ろうだけよりも痛いかもね」との宣告があった。この時はまだ麻酔が効いていて痛みを感じなかったが、5時間後に異変が。

   矢崎アナ「ズキズキしますね。痛い...もう、それ以外のことはあんまり考えられないです。大好きなサザンオールスターズの曲をずっとかけながら過ごしているんですが、今はサザンよりも痛みの方が勝っていますね」

   痛みで眠れない夜を過ごし、翌朝に丸一日ぶりの食事を摂った。術後の目標は「よく食べ、よく動き、便を出す」。便秘になると傷口から出血するリスクが高まるため、健康的な便を一日でも早く出すことが大切なのだという。

   術後の肛門を清潔に保つために行うのが「座浴」だ。専用の桶をトイレに設置してお湯をため、ブクブク泡が出てくるお湯にお尻をつけて洗う。

   矢崎アナ「おお~...温泉のジャグジーみたいな。泡でお尻を洗っている感じです」

   手術から4日目、ようやく術後初の排便ができた。

   矢崎アナ「率直に嬉しいです。ほっとしました。今も30秒に1回くらい肛門が引き締まるような痛みがあるんですが、快方に向かっているので、嬉しい悲鳴だと思って耐えています」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中