2021年 6月 23日 (水)

「リコカツ」別れの左手握手に号泣の嵐!「でも紘一は本当に離婚届を出した?」「超自己チュー小説家・水無月蓮が復縁のキューピッドに」「北川景子さん、スッピンで勝負する女優魂あっぱれです」

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   北川景子と永山瑛太がW出演するドラマ「リコカツ」(TBS系)第6話が5月21日に放送されたが、ついに紘一(永山瑛太)が離婚届を提出、咲(北川景子)と別れの握手をする展開に、ネットでは「最後のシーン、涙が止まらなかった」「北川景子さんの号泣シーンに何度ももらい泣き...」などの声が続々と上がった。

   物語は、離婚することを決めた咲と紘一が2人で過ごす「最後の晩餐」が描かれたが、超自己チューの恋愛小説家・水無月連(白洲迅)が勝手に家に上がり込んで台無しに。水無月連がやっと引き上げた後に、2人は離婚する理由をお互いに言い合う。「100個はある」と言いながら、結局、2人とも5つ以内。咲が「理由その4。行きつけのお店が大盛りすぎる。そんなに食べられないもん」と主張すると、紘一は「半ライス」とメモを取る...といったやりとりも。

  • 「紘一とよりを戻したいのに…」思いが伝わらずに泣く咲(TBSの公式サイトより)
    「紘一とよりを戻したいのに…」思いが伝わらずに泣く咲(TBSの公式サイトより)
  • 「紘一とよりを戻したいのに…」思いが伝わらずに泣く咲(TBSの公式サイトより)

料理を作る北川景子の顔が可愛い。私生活でもこうなの?

   ラスト。離婚届を出しに行く紘一を咲は走って追いかける。役所から出て来た紘一を見つけた咲は「私やっぱり...」と言いかけたが、紘一は「今、出したところだ。離婚届。もう君の夫ではない。今までありがとう」と話す。咲と左手で長い握手をした紘一は「幸せになってくれ」と言って去って行く。咲は泣き崩れてしまう...。という展開だった。

   ネット上では号泣の嵐だった。

   「ラストの紘一が幸せにできなくてごめんなさい...と謝るところ、切なかった。左手は別れの握手。ドラマとしては指輪をしている咲と外した紘一の対比の描写なのだろうが、出しかけた右手を引いてからの左手。素晴らしすぎる。あの紘一の棒読みセリフは離婚届を出したあとの放心状態を表しているのか、実は離婚届を出していない嘘を隠しているのか、真実が気になる」

   「私も紘一が本当に離婚届を出したのか少し疑っています。咲さんが料理を作っている時の顔が可愛くてキレイでした。私生活でもDAIGOさんとこんな感じかな~と想像してしまいました。紘一との離婚話中に、もう一度寄りを戻そうと涙を流した時は胸が熱くなりました」

   「指輪をした咲の手に当たる光と、指輪をしていない紘一の手のシルエットが印象的で美しかった。それにしても北川景子さんは指までキレイ!」

   「塩サケの焼き方のくだりが何かよかったな。焼き方が上手くなくても、一生懸命に用意する気持ちを汲み取って感謝してくれる紘一。なんで離婚を急ぐのよって思った」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中