2021年 6月 23日 (水)

「今夜は怪奇現象です。じゃない...皆既月食」 「めざまし」阿部華也子のプチミスにホッコリ

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   5月26日(2021年)、朝から「怪奇現象」という単語がTwitterトレンド入りした。

 

   原因は同日放送の「めざましテレビ」(フジテレビ系)だ。1年のうち月が最も地球に近付いて大きく見える「スーパームーン」と「皆既月食」がこの日24年ぶりに重なるということで、お天気コーナーのキャスター・阿部華也子さんが6時台後半に紹介したのだが、

「今夜はこちら。カイキ現象...怪奇現象じゃない。皆既月食。ごめんなさい。大変失礼しました。皆既月食とスーパームーンです。ごめんなさい!」

と一瞬、言い間違えてしまった。すぐに修正したのだが、スタジオ陣からもツッコミを受けていた。阿部キャスターは5時台後半のコーナーでも、何度も「皆既月食」と口にしていたが、淀みなく説明していた。

  • 国立天文台サイトより。5月26日夜、皆既月食の様子を動画ライブ配信する。
    国立天文台サイトより。5月26日夜、皆既月食の様子を動画ライブ配信する。
  • 国立天文台サイトより。5月26日夜、皆既月食の様子を動画ライブ配信する。

「朝から怖がらせて(略)ごめんなさい」

   Twitterでは、「カイキ現象」という音声から「怪奇現象」を連想した人から、

「めざましテレビで怪奇現象言うててめっちゃ笑った」
「かやちゃんの怪奇現象ワロタw」
「今夜は怪奇現象...楽しみ(笑)」

などと書き込まれて盛り上がり、トレンド入りにつながったようだ。

なお、阿部さんは放送終了後、自身のInstagramのストーリーズに

「怪奇現象、ではなく。皆既月食です。朝から怖がらせてしまったり、お騒がせしてしまってごめんなさい」
「皆既月食!!です!!!!」

と投稿している。

   なお、皆既月食は天文現象のひとつであり、ひょっとしたら「皆既(カイキ)現象」という表現もないことはないのでは?と編集部が国立天文台(東京都三鷹市)に質問してみると、「そういう表現は全く使いません」とのことだった。「ほとんど聞いたことがない、ではなくて...?」との中途半端な再質問にも「全く使いません」との断言が返ってきた。国立天文台では26日夜、皆既月食の様子を動画ライブ配信する。

(TT)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中