2021年 6月 17日 (木)

「珈琲いかがでしょう」最終話に胸キュンの嵐!「永遠の青山ラブ!最高です」「私はぺいロス、なんか愛おしいヤツ」「ガキネちゃん・ペイ・ぼっちゃん様の4角関係...ぜひ続編をつくって」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   中村倫也主演、磯村優斗共演のドラマ「珈琲いかがでしょう」(テレビ東京系)の最終話が5月24日放送された。青山を追う暴力団三代目組長のぼっちゃん(宮世琉弥)、弟分のぺい(磯村勇斗)、そしてOLの垣根志麻(夏帆)の全員が青山を愛しているラストに、ネット上では「永遠の青山ラブ!」「ホンコリする終わり方で最高」「私も青山ロスです」「ぜひ続編を作って」という声があふれた。

  • 「珈琲いかがでしょう」(テレビ東京の公式サイトより)
    「珈琲いかがでしょう」(テレビ東京の公式サイトより)
  • 「珈琲いかがでしょう」(テレビ東京の公式サイトより)

「兄貴の永遠のラブなんて、誰もゲットできないんだよ」

   最終話の物語は――。青山一(中村倫也)に復讐するぼっちゃん(宮世琉弥)は、「おしゃれな暴力を教えてよ」と青山に頼む。青山は「そのやり方で手に入れたコーヒー牛乳はおいしかったかですか」と問いかけ、「おしゃれな暴力?ねえよ、そんなもん!」とボコボコに殴る。夕張(鶴見辰吾)が、見かねて裏切りの真相を語り始める。青山が大金と共に姿を消した裏には、息子を思う二代目(内田朝陽)との固い約束があった。

   垣根志麻(夏帆)とぺい(磯村勇斗)も解放された。青山が自分の元を去って嘆くぼっちゃんに、弟分のぺいは「兄貴の永遠のラブなんて、誰にもゲットできないんだよ」と言った。自分の方が「青山愛」があるとして、牛丼に大量に紅ショウガをかけること、甘い歯磨き粉を好むこと、実は幽霊が苦手であることなど、自分しか知らない青山の秘密を語った。すると、垣根も「これからは自分が青山さん支える」と言い出す...。

   ネット上では、「あ、兄貴の永遠のラブ?」「青山さんの永遠のラブ争奪戦だったんだ」などと「兄貴の永遠のラブ」というワードに沸き上がった。

   「これは中村倫也さんじゃなきゃ成立しないドラマだった。一歩間違えたら安っぽい薄っぺらなものになるのに、中村さんの演技力で深みも重みもあるドラマになったと感じる。金髪で人を殴っていてあんなに何かを感じさせる俳優さんってなかなかいない。黒髪で爽やかに穏やかに微笑んで、丁寧に珈琲を淹れてくれ、心を開いてしまう雰囲気を醸し出せるのもすごい。わたしがお客でも心を開くわ...と思ったし、皆が好きになるのも分かるわ...と納得した。もう放送がないことが悲しい」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中