2021年 6月 24日 (木)

五輪観戦なら「陰性証明」必要? 田崎史郎「政府も大騒ぎに」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   東京五輪・パラリンピックの観戦に「陰性証明書」を求める案が政府内で検討されている。入場時に「陰性証明書」(PCR検査など)、あるいは「ワクチン接種証明書」のいずれかを提示するというものだ。陰性証明書は観戦日の前1週間以内のものでよいと言われているという。

   1日(2021年6月)の放送で司会の谷原章介は

「1週間前とは、どうなんでしょうか」

と疑問を口にした。

   それを受けて、永島優美アナが「視聴者の方から、陰性証明書って、検査受けたときが陰性だったことを証明するだけで、今陰性であることを証明できない、大丈夫かという心配の声もあります」と聞く。

  • 五輪観戦をめぐる論議が交わされている
    五輪観戦をめぐる論議が交わされている
  • 五輪観戦をめぐる論議が交わされている

「現実的ではない、という声が支配的に」

   昭和大学医学部客員教授の二木芳人医師は「検査そのものが100%ではないですよね。PCR検査も引っかからないのが30%ぐらいあるといわれています。また、あれほどの多くの人が受けようとすると、PCR検査の体制に影響が出ます。自己負担という話もあり、費用の問題もあるし、検査会社によっては精度もバラバラになります」と懐疑的だ。

   政治ジャーナリストの田崎史郎も「今外国の人も入国する時は3日前の証明書を求めています。1週間は長いのではないかと、政府部内でも、これではなかなか理解を得られないという声が強いです」

   谷原「導入について、どっちかと言えば、難しいといわれているんでしょうか」

   田﨑「きのう31日(5月)の読売新聞の1面トップで報じられたことがきっかけになっているんです。ネタは大臣の丸川珠代さんのところのオリパラ室(オリンピック・パラリンピック東京大会推進室)、そこで考えている一つの案が出たのです。まだ協議中なので、政府も大騒ぎになって、チェック体制はどうするのかなど、すべての観客に陰性証明を求めるのは現実的ではない、という声が支配的になっています」と解説した。

(一ツ石)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中