2021年 9月 28日 (火)

「ミッチーが大河に降臨ですと?!」 声優・置鮎龍太郎が「顔出し」出演

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   大河ドラマ「青天を衝け」6月20日(2021年)放送の第19回「勘定組頭 渋沢篤太夫」に、声優の置鮎龍太郎さんが出演する。

   置鮎さんが演じるのは、公家・正親町三条実愛(おおぎまちさんじょう・さねなる)。番組公式Twitterでは、置鮎さんの

「『大河ドラマにナレーション以外の声だけ出演が?え、顔出し??や、やらせていただきましょう(汗)、舞台はやってますもの』と、お引き受けしたものの、恐ろしく緊張していたら事前リハと撮影もあっという間でした。顔芸ができていれば良いほうかな?」

とのコメントが紹介されている。

  • NHKの「青天を衝け」番組サイトより
    NHKの「青天を衝け」番組サイトより
  • NHKの「青天を衝け」番組サイトより

ツイッターで「一応セリフはありますので(笑)、見てね」

   置鮎さんは自身のTwitterでも、

「正親町三条実愛(おおぎまちさんじょう・さねなる)という役で出演させていただきます。一応セリフはありますので(笑)、見てね♪」

と出演を報告。ファンからは、

「置鮎さんが大河に めちゃめちゃ嬉しいわ大河デビューおめでとうございます」
「地上波で置鮎さんが見られるなんて素敵です」

など、喜びの声が上がっているほか、置鮎さんの過去の出演作とかけて

「ミッミッミッチー(スラダン)が...大河に降臨ですと?!ヤバい(編注:SLAM DUNKの三井寿)」
「実写版おじゃる警部ってことか!(編注:名探偵コナンの綾小路文麿)」

といったコメントも書き込まれている。

(TT)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中