2021年 8月 4日 (水)

橋本徹「保護を受け入れてもらいたい」 ミャンマー選手の要請めぐり政府に一言

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   ミャンマー代表として来日中のサッカー選手が「帰国したら命の危険がある」と日本政府に保護を求めたと、けさ17日(2021年6月)付の朝日新聞が報じた。ワールドカップアジア2次予選に参加していたピエリアンアウン選手(27)で、16日に関西空港で帰国を拒否して保護を求めた。日本対ミャンマーの試合で国歌斉唱の際、国軍への抵抗を示す「3本指」を掲げていた。

   司会の谷原章介が「国軍に抵抗したら国に戻りづらいですよ」と17日の放送で触れた。

   17日0時10分過ぎ、支援者と合流したピエリアンアウン選手は「日本はミャンマーの現状を理解して助けてほしい」と訴えた。近く難民申請する。

  • 番組公式ツイッターより
    番組公式ツイッターより
  • 番組公式ツイッターより

出入国在留管理庁による「緊急措置」も

   橋下徹(弁護士)「(日本政府は)保護を受け入れてもらいたい。香港の民主化をつぶした中国のやり方に反対する人もふくめて、日本は世界標準でしっかり受け入れてほしい」

   谷原「日本はミャンマー国軍と交渉するだけでなく、在留期間を終えた人の一時保護も国として打ち出してほしいですね」

   出入国在留管理庁は5月28日、国内にいるミャンマー人が日本にとどまることを希望する場合は在留や就労を認める緊急措置を始めた。ミャンマーでも香港でも、暴政に負けずに抵抗する勇気を示す人を保護するのは当然だ。ほかにも日本ができることは積極的にやろうじゃないか。

(あっちゃん)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中