2021年 8月 2日 (月)

「こんな派遣はいるはずない」というコンセプトが当たった「ハケンの品格」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   今週も、「ドラマの当たる要素」について述べたいと思います。

   私は、2004年から約5年間、日本テレビでドラマの制作に関わっていました。連ドラには、「"アソビ"があっても良い」というのが今回のテーマです。

   "アソビ"というのは、ドラマの本筋にあまり関わりがなくても、ドラマをふくらませる重要な要素であることを見せたのが、日本テレビの連ドラ「ハケンの品格」です。第1シリーズが2007年に、2020年にも、第2シリーズが放送され、大好評でした。

   プロデューサーは櫨山裕子で、主演は篠原涼子です。

  • 篠原涼子さん(写真:アフロ)
    篠原涼子さん(写真:アフロ)
  • 篠原涼子さん(写真:アフロ)

真面目な顔で重機を運転して問題を解決するスーパーハケンの篠原涼子

   愛想がなく、正社員に媚びない派遣社員(篠原涼子)の態度は、周囲から反感を買うのですが、実は、あらゆる資格を持ち、特Aランクの評価を受ける"スーパーハケン"でした。「ハケンの品格」が当たったのは、一言で言えば"こんな派遣はいる訳がない"というコンセプトです。

   「"アソビ"があってもいい」ことを体現している例が、"スーパーハケン"の篠原涼子の持っている、いろいろな資格に現れます。なかでも私が一番驚いたのは、重機の免許を持っていること。篠原涼子は真面目な顔で重機を運転して、問題を解決します。

   "アソビ"には、物語をふくらませる力があるのです。

渡辺弘(わたなべ ひろし)
渡辺 弘(わたなべ ひろし)
1952年生まれ。東京大経済学部卒業。1976年に日本テレビに入社し、制作局CP、ドラマ制作部長として番組づくりの現場で活躍。編成局長、制作局長、取締役報道局長、常務・専務を歴任した。「マジカル頭脳パワー!!」「THE夜もヒッパレ」「「スーパーJOCKEY」「24時間テレビ」などヒット番組をプロデュースした。 現在は「情報経営イノベーション専門職大学」客員教授。映像会社「2501」顧問。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中