2021年 7月 27日 (火)

クスっと笑えたラストシーン 菅波先生がみせた「隙」の深層は... 【おかえりモネ】

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   <朝ドラ、今週の山場は?> 6月16日(2021年)の放送では、百音(清原果耶)は仕事が終わったあと、営業終了後のカフェ「椎の実」で、子ども向けの絵本を読みながら天気の勉強をするが、なかなか理解できない。そこへ菅波光太朗(坂口健太郎)が「聞き取りノート」をカフェに忘れたという理由で登場。

   なぜ雨が降るのかと考え込んでいる百音に、家庭教師のように懇切丁寧に教えてあげる場面だ。菅波が初めて素直に笑顔を見せたのだ。

   菅波が準備した氷入りのコップに、水滴がついてきた現象を、雨が振る仕組みと同じだと説明。なかなかわかりやすい説明でやさしい理科の授業。「これが雨です」という菅波の解説に「あー!そうなんだー」と百音が感動リアクションをすると、菅波がニコリ。キラリと笑顔を見せてくれた。ホッとしたというか、爽やかな笑顔というか。

  • NHKの「おかえりモネ」番組サイトより
    NHKの「おかえりモネ」番組サイトより
  • NHKの「おかえりモネ」番組サイトより

「笑顔が見れた!」と注目集める

   「菅波先生の笑顔が見れた!」や「菅波先生、教えるの上手だし優しい!笑顔にキュン?」とネットでも注目されていた。

   菅波先生は、登米の町医者として人気なのかどうか、よくわからないが、いつもしかめっ面で、オドオドして、百音の目を見ることもできない。しかし、一度話し出すと理路整然として正しい指摘がスマート。百音は意識しているようだが、辛辣な態度に煮え切らない。でも「理科の授業」で「やさしい菅波先生」と感じているのでは?

   菅波と百音、今後2人の仲はどうなるのだろう?まずは気象の勉強を通じてぐっと近づく模様ではある。コップの氷がカランと溶けていく音は、淡い恋のはじまり?

   もうひとつ、クスっと笑えたのはラストシーン。百音に「次回」の約束をして、菅波が聞き取りノートをまた忘れていってしまった、ハハハ。恋に不器用で純粋な菅波、なるほど本人がまだ自分の気持ちに気づいてないんだな。

(Y・U)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中