2021年 7月 26日 (月)

ごみ屋敷→行政代執行でキレイに→ごみ屋敷に逆戻り 「めざまし8」で「心のケア」の大切さ指摘

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   「家主はなぜ、繰り返してごみを集めてしまうのでしょうか」。司会の谷原章介がけさ22日(2021年6月)、こう問い掛けた。

   3年前に行政代執行で強制撤去され、一時はきれいになったが、また元のように戻ってしまった神奈川県横須賀市の閑静な住宅街の一角。段ボール、空き缶、ペットボトル、トイレの掃除用品まで......。いわゆる「ごみ屋敷」だ。玄関に入ることもできない。

  • ごみ屋敷めぐり論議(写真はイメージ)
    ごみ屋敷めぐり論議(写真はイメージ)
  • ごみ屋敷めぐり論議(写真はイメージ)

市側は「男性に指導を続けており...」

   実は21日早朝4時過ぎ、「めざまし8」のスタッフが取材していると、家主の男性が近所のゴミ集積所でごみを物色していた。いくつか手に持って帰って行こうとしたので、話を聞こうとしたが、男性は無言で家に帰った。

   この「ごみ屋敷」は2013年ごろから異臭や通行妨害などで問題になり、横須賀市が繰り返し指導を行ってきた。しかし、効果はなく18年、行政代執行に踏み切った。すっかりきれいになり、近隣住民も「何年ぶりだろう」と喜んでいた。だが、いつの間にか、もとに戻り、「代執行しても同じことのいたちごっこなんです」と住民はがっかりしていた。

   横須賀市によると、「現在も男性に指導を続けており、ごみの撤去支援など数回行った」というが、ごみは増えるばかり。

   男性と別の場所に暮らしている母親に聞くと、1カ月ほど前にも説得したが、変化はなかったという。「片づける、片づけるって、返事だけはいいんだよね。昔は几帳面だった。これからもきれいになるよう専念しますから」と話す。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中