2021年 7月 28日 (水)

「カレーなる本棚」紹介したいのに... 岩田絵里奈アナを襲った出演者の反応

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   「これ、何に見えますか」と、きょう23日(2021年6月)の「スッキリ」で、岩田絵里奈アナウンサーが紹介したのは、今話題の「カレーなる本棚」だ。

  • カレーに夢中で…(写真はイメージ)
    カレーに夢中で…(写真はイメージ)
  • カレーに夢中で…(写真はイメージ)

並ぶのはレトルトカレー

   スタジオに用意された本棚いっぱいに並んでいるのは本ではなく、レトルトカレー。側面の商品名を本の背表紙に見立てて、たくさんのレトルトカレーを本のようにディスプレーするのが流行っているのだという。

   岩田アナが取材に訪れたのは、東京・スカイツリータウンにある「北野エース」。床から天井まで、本棚に約300種類のレトルトカレーがびっしりと陳列されている。「少ないスペースでいかに種類を多く陳列できるかを考えて、本屋さんに行ったときにひらめいた」と商品統括事業部の斉藤太一さん。色がきれいなものをメインに並べるのがコツで、人気商品はベストセラー本のように平積みにされている。

   岩田アナが注目したのは、平積みされていた「ビーフカレー飛騨牛」(980円)だ。斉藤さんは「煮込む前に牛に焼きの工程を入れているので、肉の味わいがしっかりしています。本に例えると、東野圭吾さんのミステリー小説。売れ筋ナンバーワンです」。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中