2021年 8月 3日 (火)

五輪会場の酒提供、一転見送りへ 長岡義博氏「混乱の極み。ビールメーカーにも迷惑」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   東京オリンピック会場での酒類販売を認める方針でいた大会組織委員会が「一転、見送る方向で調整することになりました」と23日(2021年6月)、永島優美アナウンサーが伝えた。「感染を広める危険がある」「なんでオリンピックだけ特別扱いするんだ?」と世論の猛反発にあったためだ。

  • 五輪会場での酒類提供是非が議論に
    五輪会場での酒類提供是非が議論に
  • 五輪会場での酒類提供是非が議論に

「混乱の極みだ」

   「もともと慎重に検討していたが、世論などの動きもあり」(ある大会関係者)ということらしい。こんな無茶な特別扱いが通ると思う方が最初からおかしい。五輪て何様?といわれてもおかしくない。

   長岡義博(元毎日新聞記者、ニューズウィーク日本版編集長)「混乱の極みだ。ビールメーカーにとっても迷惑。商品イメージがわるくなる。ノンアルコールビールを出したらと提案したい」

   ここで、司会の谷原章介が「ルールにのっとった制限を加えて(お酒を)僕らは楽しめてるわけですから、オリンピックだからだめというのは、ちょっとヒステリックかなと思う面もあるんですが、あれだけの大人数、大会場ですから、コントロールが効かないのも分かる」と一部、販売禁止までは必要ないともとれる発言をした。なにか勘違いしてはいないか。緊急事態宣言やまん延防止措置によって長いこと自粛や休業を求められてきた飲食店や市民にすれば当然の反発で、五輪だけが最初から販売できるということ自体に納得がいかないのだ。後段の「コントロールが効かない」云々の部分はその通りだ。ノンアルコールにしても、騒いで飛沫を上げれば感染リスクは高まるよ。

(あっちゃん)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中