2021年 7月 28日 (水)

東京「リバウンド」619人に河野太郎氏「怖い、本当に」 変異型置き換わりが進行中

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   東京の新型コロナウイルス新規感染者がきのう23日(2021年6月)、619人と4週連続で先週同曜日を上回った。それも118人増と大幅だ。番組で小野寺結衣アナウンサーが紹介、「5波?」のテロップも出た。

   厚労省アドバイザリーボードはリバウンド状況と分析、脇田隆字座長はきのう「とくに若い人を中心に都心から感染が始まっているのではないか」と指摘した。

  • 繁華街では人出が戻っている(写真は、コロナ前の渋谷スクランブル交差点)
    繁華街では人出が戻っている(写真は、コロナ前の渋谷スクランブル交差点)
  • 繁華街では人出が戻っている(写真は、コロナ前の渋谷スクランブル交差点)

渋谷の夜は人が一杯、飲食店も「普通に営業」

   きのう夜21時過ぎ、渋谷の中心街は人がいっぱいだった。「多くの人が駅に向かっていますが、繁華街に向かう人たちもいます」と田中良幸リポーターが伝える。緊急事態宣言からまん延防止措置に移行した今も、飲食店への営業時短要請は変わらないが、午後8時をすぎても営業を終えない店が多く見られた。「普通に営業しています。あ、2人入りました。あとに3人。外には4人組も並んでいます」と、人流を伝える現場リポートがつづく。

   感染力の強いデルタ型(インド型)変異ウイルスへのまん延も問題で、脇田氏は「7月初旬あたりには50%程度まで置き換わりが進む」と予想。東京オリンピックの開会時には70%を占めるのではの観測もある。

   番組に生出演した河野太郎規制改革担当相は「怖い。本当に、抑えられるところをきちんと抑えないといけない」「ワクチンを2回打つことが大事。それまでの間にしっかり抑えておきたい」と語った。

(あっちゃん)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中