2021年 8月 4日 (水)

ワクチン巡る怪情報、「会社の会議が出元」も スッキリが検証・警鐘

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   新型コロナワクチンに関する誤情報をもとに接種をためらう若者が増えていると、きょう25日(2021年6月)の「スッキリ」は街で若者の声を集め、それぞれの不安について検証した。

  • 正しい知識を
    正しい知識を
  • 正しい知識を

「mRNAワクチン」めぐる誤解

   新型コロナワクチンは、ウイルスの一部の遺伝情報を用いた「mRNAワクチン」で、接種後に体内でウイルスが作られたり感染したりすることはないのだが、街の声で多かったのが「免疫を作るために少量のウイルスを体内に入れることによって、逆にコロナに感染してしまうのではないか」という意見だ。また、遺伝子情報を用いるということで「遺伝子が組み替えられてしまう」といったSNS上の情報を心配している人もいた。

   これについて、リモート出演した日本感染症学会指導医の水野泰孝医師は「新型コロナワクチンは、病原体そのものを体内に入れるものではないので、感染することはありません。mRNAは不安定な物質で、体の中に入れた後にすぐ壊れてしまうため、長期間に残存することもありません」と説明した。

   女性に多かったのが、接種が不妊につながるのではないかという心配だ。街では「打ちたい気持ちはあるが、子どもが出来づらくなるとSNSで噂を聞いた」「会社の上司から『女性はワクチンを打たない方がいい』と会議で言われた」などの声があった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中