2021年 8月 4日 (水)

風邪薬で回復、友人と自宅飲みの後コロナ判明 20代女性が「モーニングショー」に語った後悔

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   西村康稔・経済再生大臣が先週金曜日(2021年6月25日)に「東京の6割は30代以下の感染」と発言するなど、新型コロナで若者の感染が増えている。都のモニタリング調査による30代以下の感染者割合も、46.4%だった3月第4週に比べ、6月第3週では61.9%と上昇している。

   若者の実態はどうなのか。28日のモーニングショーでは宅飲みで友人に感染を広げてしまった都内20代女性の行動をレポートした。

  • 情報の共有が急務
    情報の共有が急務
  • 情報の共有が急務

味覚障害のほか、集中力が続かないなどの症状

   6月18日金曜日に微熱と倦怠感を感じた女性。しかし、風邪薬で体調が回復したため、19日から20日にかけての土日、自宅で友人とマスクなしで夜通し酒を飲んだ。

   しかし、友人は週明け21日に発熱し、22日に新型コロナの感染が判明。女性本人も24日に感染が判明した。

   女性は「どこかで若者は大丈夫だろうと思っていた。知らない間に自分の大事な人を大変な目に遭わせてしまい、非常に浅はかだった」と後悔する。

   女性は現在自宅療養中だが、味覚障害のほか、集中力が続かないなどの症状が出ている。

   北村義浩(日本医科大学教授)「割合だけでいうと、去年7月の第2波のときに20代30代で7割近くあったので、1年前と同じことが起こっているのかなと思う。夏になるとどうしても若者の行動力が高まる。去年と違うのは10代が増えている。これからは10代、20代の、感染の動きを見ていかないといけないかなと思う」

   石原良純(気象予報士・タレント)「ウイルスの特性が変わったんでしょうか。去年は学校で流行ったという話はほとんど出なかったが、今年は僕の周りでも高校生などいろんなところで出ている」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中