2021年 8月 3日 (火)

「まさか、国のキャリアの官僚が行うとは」 谷原章介、経産官僚の給付金詐欺事件にあ然

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   「これは本当に、改めて残念」と司会の谷原章介がけさ29日(2021年6月)に取り上げたのは「キャリア経産省官僚 給付金詐欺」だ。情報キャスターの堀池亮介が説明する。

「新型コロナウイルス関連の給付金を詐取したとして、警視庁は経済産業省のキャリア官僚2人を詐欺容疑で逮捕しました」
  • 番組公式サイトより
    番組公式サイトより
  • 番組公式サイトより

ペーパーカンパニーを使って...

   逮捕されたのは経産省経済産業政策局の桜井真容疑者(28)と新井雄太郎容疑者(28)。2人は20年12月、ペーパーカンパニーを使って、コロナの影響で売り上げが減ったように装い、家賃支援給付金約550万円をだまし取った疑いだ。金の大半は桜井容疑者の高級時計購入などに充てられていたという。

   この制度は経産省の外局の中小企業庁が所管で、2人は制度を熟知したうえで、ウソの申請手続きをしていたとみられ、「2人で相談してやった」といい、1人は「捜査が行われていることを知り、証拠を消すため職場で話し合った」と話している。

   谷原「一時、大学生の給付金詐欺事件がありましたが、まさか、国のキャリアの官僚が行うとは、驚きですね」

   橋下徹(元大阪府知事、弁護士)「今回の給付金は、ある意味、届けやすいというか、配るのが前提なので、ルールが緩い制度でもあるんです。そこを分ったうえで、こういうことをやるというのは国民からすると納得がいかない。ただ、多くの官僚はきちんと働いているということも考えなければいけませんね」

   谷原「結局は、悪いことをすればバレるということでしょうね」

(一ツ石)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中