2021年 8月 3日 (火)

鈴木大地が大谷翔平を称賛 「民間外交官」「これほど日本のイメージを...」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   「うれしいニュース」と司会の谷原章介が30日(2021年6月)伝えたのは、メジャーリーグ・エンゼルスの大谷翔平選手の活躍だ。ニューヨークで28日(現地時間)に行われたヤンキース戦で両リーグトップ対の26号本塁打を放った(その後、現地29日の試合で27、28号も)。

   28日の試合は大谷にとっては3年ぶりのヤンキースタジアムだった。初回の第1打席、打球ライトスタンドへ。最速189キロを記録した。

  • 大谷翔平選手がホームランを連発している
    大谷翔平選手がホームランを連発している
  • 大谷翔平選手がホームランを連発している

谷原章介「すごい。どこまで伸びるか」

   30日のスポーツニッポンによると、この日はサッカーのハメス・ロドリゲス選手ら世界のスポーツスターもスタンドで観戦していた。フットボール・NFLのJJワットは「MVP」と叫び、バスケットボール・NBAのケビン・デュラントは「別種の生き物だ」、MLB元ヤンキースのCCサバリアは「地球上で最高の選手」とコメントした。

   大谷自身は「すごく光栄ですし、少ない打席の中で結果を出せてよかった」と話した。

   鈴木大地(元スポーツ庁長官)「活躍は見事で、外国の人からもあこがれの存在だ。民間外交官というか、これほど日本のイメージを高めてくれたスポーツ選手はいない」

   谷原「すごい。どこまで伸びるか。(ホームランランキングの)単独トップに立ってもらいたい」

(あっちゃん)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中