2021年 7月 31日 (土)

ワクチン届かず「ハシゴ外された」 夏目三久「自治体からは怒りの声も」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   MCの夏目三久が「新型コロナウイルス感染拡大を抑えるカギになるワクチンの供給不足で困惑の声が相次いでいます」と、1日(2021年7月)の放送でワクチン供給の遅れのニュースに言及した。さらに、「現在、新規受付が停止されている職場や自治体の大規模接種について菅義偉首相は停止措置を継続するという考えを表明しました。接種を予定している自治体からは、ワクチンが届かないことに対する怒りの声も上がっています」と続けた。

  • ワクチン接種にブレーキが
    ワクチン接種にブレーキが
  • ワクチン接種にブレーキが

いくら会場を設営しても...

   停止継続について、各所から出ている困惑の声も紹介。TKP社の河野貴輝社長は「医師や打ち手の方を確保しているのが無駄になっていく。ワクチン普及を促進するためにやっているのでぜひ実行していただきたい」と訴える。

   日本医師会の中川俊男会長は「医師や看護師を職場接種のために紹介した後で、ハシゴを外された。そういうことが全国で起こっている。政府にはなんとか改善の方策を考えてほしい」と話した。しかし、河野太郎行革相は「今の時点で受け付け再開の目途はない」と言う。

   職場接種や自治体の大規模接種会場で使用されているのがモデルナ製のワクチン。河野大臣は保留となっていた自治体の大規模接種に、ファイザー製のワクチンを使用すると発表したが、そのファイザー製ワクチンも届いていないという声が自治体からあがっている。

   兵庫・明石市の泉房穂市長は「いくら会場を設営して医療関係者がスタンバイしてもワクチンが届かない以上打てない」と怒りを露にした。明石市では47箱のワクチンを要求したが届いたのは22箱分、約3万回分のみ。市長は同郷の西村康稔大臣に残りのワクチンを送るよう直談判したが、県にお願いするなどして対応してくれと言われたという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中