2021年 7月 28日 (水)

気象予報士・天達武史「私もびっくり」 カナダで「200人超死亡」と異常熱波の関係

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   「カナダで49.5度」と1日(2021年7月)、司会の谷原章介が驚きの表情で伝えた。気象予報士の天達武史までが「私もびっくりしちゃった」と驚きを隠せなかった。ロイター通信によると、6月25~28日の4日間、少なくとも233人が死亡、熱中症と推測され、当局が猛暑との関係を調べている。

  • カナダで何が?
    カナダで何が?
  • カナダで何が?

「信じられないような暑さ」も

   カナダといえば日本より高緯度で冷涼なイメージだが。異常な熱波で、米西海岸のシアトルでも28日に42.2度、カナダのバンクーバーから内陸に入ったリットンでは49.5度に達した。天達武史は「これは正式な記録です。信じられないような暑さ。尋常ではない」と話した。

   原因はヒートドーム現象といわれ、普段はなだらかに流れるジェット気流が大きく蛇行し、できたスペースに高気圧がいすわり、上空から熱がため込まれたためだそうだ。

   谷原「米南西部でヒートドーム発生といっていたのが、上(北)に上がっているんですね」

   地球温暖化がここまできたということか。カナダ西部は「布団を二枚重ねした状況」(天達)が起きているらしい。

(あっちゃん)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中