2021年 7月 27日 (火)

都議選結果は「小池マジック」...の見方は大甘? 山口真由「ふつふつとした怒り」指摘

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   昨日4日(2021年7月)に投開票が行われた東京都議会議員選挙は、劣勢とされていた都民ファーストが選挙前の45から31と議席を減らしたものの第2党を確保。一方、25から33と議席を増やし、第1党となった自民党だが、公明と合わせた議席数は目標の過半数64には届かない56議席にとどまった。

  • 小池都知事
    小池都知事
  • 小池都知事

入院から復帰のタイミング

   選挙前、自民党関係者は「都民ファーストの会は6議席か7議席くらいだ」「今回は自公で過半数を取ることは間違いない」と楽観視していたが、その情勢をひっくり返したのが小池マジックだった。

   6月22日に体調不良で入院し、25日の都議選告示にも姿を見せなかった小池百合子都知事だが、都議選終盤の6月30日に退院。7月2日金曜日の定例会見も、中止予定を一転して16時から急遽開いて「どこかでバタッと倒れているかもしれませんが、本望」と語り現場復帰した。選挙戦最終日の3日土曜は、1日で18カ所を回るサプライズ応援。小池知事本人は演説はしなかったものの候補者とのグータッチで場を盛り上げた。

   鈴木哲夫(ジャーナリスト)「自民党の鴨下一郎・都連会長が『勝者なき』と表現したがまさにその通り。なんとしても自公で過半数を取ろうとしたがそこまで持って行けなかった」

   自民党関係者から「土曜に出てきて盛り上がった、彼女の演出が一枚上手だった」という声も出るなど、小池人気は強く、支持政党なし層の投票先は都民ファーストが首位。出口調査では小池知事支持が67.3%と高い支持率となった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中