2021年 8月 3日 (火)

4度目「宣言」、「ここが最後の我慢」のしどころ? ワクチン効果に期待の声も出るが...

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   新型コロナが高齢者の感染症から若年層の病気に変わってきた。920人と急増した東京都のきのう7日(2021年7月)の新規感染者は、6割以上が10代~30代だった。

  • ワクチン接種が進むなか…
    ワクチン接種が進むなか…
  • ワクチン接種が進むなか…

「8月下旬ごろ」にはどうなっているのか

   池袋大谷クリニックの大谷義夫院長は「私どもの患者さんも、いままではカゼ程度ですんでいた年代が、肺炎を発生して入院になっている方が増えてます」と話す。その感染も広がりやすいデルタ型が34%になっていて、7月半ばには50%以上になると予想されている。

   そのため、東京には4度目の緊急事態宣言、神奈川、埼玉、千葉、大阪はまん延防止措置の延長となったわけだが、飲食店の酒類提供はどうなるのか。田崎史郎さん(政治評論家)によると、来週12日以降は7時までの提供ではなく、全面自粛になるという。

   大谷院長「致し方ないでしょうかねえ。たしかに、患者さんのなかには、アルコールを仲間と飲んだという方は一定程度いらっしゃいますからね」

   では、今回の緊急事態宣言・まん延防止措置で最後になるのか。政府高官は「8月下旬ごろには全人口の4割程度が2回目のワクチン接種が終了する見通しで、そのころにワクチン効果が出てくれればと期待している」と語っている。大谷院長も「数か月先に元の生活に戻るためには、ここが最後の我慢かもしれないですね」と期待を込める。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中