2021年 8月 3日 (火)

さまぁ~ず、バナ兄にツッコミ そのキャラで「蔵前のオシャレ感」が...

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   <テレビで読む 旅> さまぁ~ずが、ふだんは行かないようなモヤモヤした地域を散策し、モヤモヤをスッキリと晴らしてくれる「モヤモヤさま~ず2」(テレビ東京系、2021年7月11日放送)。さま~ずと田中瞳アナウンサーの3人が、蔵前&浅草橋を訪れました。

   近年、古い倉庫や工業の跡地をリノベーションしたお店が急増中。そんな街並みがニューヨークのブルックリンに似ているということで、「東京のブルックリン」とも呼ばれ注目を集めているのが、東京の東側にある蔵前です。

  • テレビ東京の「モヤモヤさま~ず2」番組サイトより
    テレビ東京の「モヤモヤさま~ず2」番組サイトより
  • テレビ東京の「モヤモヤさま~ず2」番組サイトより

バナナを踏みそうになったときに思わず...

   3人が蔵前を歩いていて見つけたのが「BLUE BANANA apartment」というスタイリッシュな外観のお店。

   「食べられないバナナ屋さんです」とお店を案内してくれたのは、トークが達者な店主の「バナ兄」さん。

   「お店の名前を決めているときに、バナナがそこにあったんですよ。それでバナナがいいなって思って...」と軽いノリで、バナナがコンセプトのショップをはじめたバナ兄さん。お店ではTシャツから小物に至るまで、バナナ絡みの商品が揃います。

   大竹さんが目をつけたのが「What?」「Oops!」「Huh?」と、英語の文字が書かれているおしゃれなキャップ。

   「これは、バナナを踏みそうになったときに思わず言っちゃうシリーズです」とバナ兄さん。

   「日本語だとまた違ってくるよね?」そんな三村マサカズさんの一言で、次のアイテム作りをみこして日本語のフレーズを考えることに。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中