2021年 7月 28日 (水)

海外メディア関係者に「外出OK」謎ルール広がる? 「スッキリ」が伝えた感染対策の「穴」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   東京五輪の開幕まであと1週間となり、海外からのメディア関係者も続々入国している。新型コロナ感染拡大を防ぐため、メディア関係者については行動ルールを示した「プレイブック」があるのだが、「この規則が守られていないのではないかと問題視されています」と岩田絵里奈アナウンサーがきょう16日(2021年7月)の「スッキリ」で伝えた。

  • 「プレイブック」の実効性は?
    「プレイブック」の実効性は?
  • 「プレイブック」の実効性は?

現地リポートで「買い出し」組も

   メディア用のプレイブックには、(1)入国後の最初の3日間は自室で隔離(2)常時マスク着用(3)公共交通機関は使用しない(4)散歩や観光地などには行かない(5)宿泊先を離れることができるのは、大会公式会場と用務先リストに規定された限定的な場所のみ、など行動管理のための細かいルールが定められている。

   食事の場所については、大会会場の食事施設、宿泊先内のレストラン、自室内でのルームサービスやデリバリーに制限されており、これらが使用できない場合は監督者の同行かGPSによる管理を条件に、コンビニや持ち帰り用のレストランでの購入を可能としている。

   15日、東京都の小池百合子知事と会談した国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は「プレイブックのルールは実行され、機能している」と胸を張っていたが、東京・有明の国際報道センター(IBC)から車で15分ほどのところにある、メディア関係者が多数宿泊しているホテル前で阿部祐二リポーターが取材したところ、複数のメディア関係者がホテル前のコンビニに買い出しに来ていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中