2021年 8月 4日 (水)

加藤浩次VS橋本五郎 観客「無or有」めぐり激論

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   おととい17日(2021年7月)に行われたキリンチャレンジカップの日本・スペイン戦は1-1の引き分けで終わったが、終了後のインタビューで、日本代表キャプテンの吉田麻也選手が「苦しいときに、サポーターの声援は力になる。本心としてはファンの前でプレーしたい」。解説の橋本五郎・読売新聞特別解説委員とMCの加藤浩次が「無観客」をめぐり激論となった。

  • 観客の有無めぐり論議
    観客の有無めぐり論議
  • 観客の有無めぐり論議

選手からの発信も

   吉田選手は、「無観客は残念ですね。今日もたくさんのお客さんが見に来てくれて、最後5分10分と苦しい時間にサポーターの声援ってのは、力になると思います。どっちにコメントしても難しい状況になるので、かなり言いづらいと思いますけど、やっぱり本心としては、僕らはファンの前でプレーしたいですし、サポーターの力を必要としているので、菅さん(首相)もう一回考えてほしいなと思います」。

   「無観客見直し」に一部のアスリートから賛同の声が上がった。100メートル・ハードル女子代表の寺田明日香選手(31)はツイッターで、「都内在住の娘、夫も国立競技場には入れません。吉田選手が無観客について言及してくださって、心に刺さりました。ありがとうございます」。

   サッカーの堂安律選手(23)は「これが選手たちの意見です。僕たち選手は観客のパワーを信じているし、みなさんとともに喜びを分かち合いたい。もちろん、今の難しい状況を理解しているつもりですし、苦しい状況を改善させたい気持ちは同じです」。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中