2021年 8月 4日 (水)

「体力に自信」の20代「こんなに重症化するとは...」 「あさチャン!」に語った「死ぬ思い」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   「東京の感染拡大が止まりません。きのう(2021年7月18日)、東京で新たに感染が確認されたのは1008人。5日連続で1000人を超えました。年代別では20代が最も多く、インド型変異ウイルス『デルタ株』への置き換わりも顕著となっています」と司会の夏目三久。日比麻音子アナは「デルタ株に感染した20代女性は『どこで感染したのか分からない』と、対策の難しさを口にしました」と伝えた。

  • 感染者の「若年化」指摘が出ている(写真はイメージ)
    感染者の「若年化」指摘が出ている(写真はイメージ)
  • 感染者の「若年化」指摘が出ている(写真はイメージ)

「若年化が目立ってきている印象」

   まさに第5波の到来だが、顕著なのは10代~30代の若い世代の感染、そして重症化だ。きのうの感染者の中で最も多かったのは20代の326人。30代以下の年代が全体のおよそ6割を占めていた。

   東京・江東区の伯鳳会あそか病院では、コロナ病棟にある14のベッドは満床が続いている。そのうち、半数の7人は30代以下。20代は4人で、うち3人がデルタ株の感染者だ。同院の白石廣照医師は「若年化が目立ってきている印象を受けます。特に20代の感染者が増えているように感じます」と危機感をあらわにする。

   番組は、新型コロナに感染してしまった20代の男女に話を聞いた。

   都内の大学に通うAさん(20歳男性)は、6月下旬に新型コロナの感染が判明し、2週間ほど入院した。「本当に死ぬ思いをした。40~41度の熱が1週間続いて、さらに肺炎による呼吸困難。食欲不振で1週間は点滴生活でした」と話す。Aさんに基礎疾患はないが、入院中に症状が急激に悪化、抗ウイルス薬「レムデシビル」の投与を始め、体調は徐々に回復してきたという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中