2021年 8月 3日 (火)

ウガンダ選手が行方不明 なぜ名古屋の防犯カメラに?を「めざまし8」が分析

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   「ウガンダの代表選手(編注:来日後、代表に選ばれず帰国予定だった)が行方不明になっていますが、名古屋駅で新幹線を降りたと見られています」と永島優美アナが20日(2021年7月)、伝えた。一体、なぜ名古屋なのか。

  • 来日中のウガンダの選手が行方不明に
    来日中のウガンダの選手が行方不明に
  • 来日中のウガンダの選手が行方不明に

「ウガンダの生活は苦しい」「日本で仕事がしたい」とメモ

   合宿先から姿を消したのは重量挙げのジュリアス・セチトレコ選手(20)。捜査関係者によると、セチトレコ選手とみられる人物が名古屋駅で新幹線を降り、改札を出る様子が防犯カメラに写っていた。

   「ウガンダの生活は苦しい」「日本で仕事がしたい」。大阪府泉佐野市のホテルの部屋にこうしたメモが残されていた。

   ウガンダ共和国はアフリカ東部に位置し、人口約4500万人、面積は日本の本州とほぼ同じ広さ。近年の干ばつの影響で国民の4割が栄養不足といわれている。それに追い打ちをかけているのが新型コロナ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中